2014年7月13日日曜日

2014年7月 宿泊訓練(BVS)

夏キャンプに向けての予行演習、宿泊訓練が
1泊2日で黒川野外活動センターで行われました。
 
体験参加者や暇カブの参加も多数あり
 
父母合わせてなんと60名近い参加者となり
大変にぎやかです。
 
午前10時より開会セレモニーが行われ
 
 
その後は、
 
夕食のカレー対決
 
のため、4つのチームに分かれて
近所のスーパーに買い出しに行きます。
 
2千円の予算で約10人分のカレーを作ります。
 
 
 
子供たちは好き勝手なことを言うので
 
いちいち聞いていると予算オーバーは確実ですので
 
ほどほどに聞き流しながらも
 
子供たちの期待に応えられるように
買い出しは行われます。
 
買い出しが終わり黒川野外活動センターに戻ると
 
昼食の流しそうめん
 
が出迎えます。
 
 
そうめんだけではなく、
トマト、ちくわ、みかん、パイナップル、ゼリー、
なんとグミまであり
 
子供たちは大喜び。
 
 
そんなに食べて大丈夫なの。
 
と心配になるくらい、
たくさんそうめんを食べてました。
 
昼食後は
 
チームに分かれてのフリスビーリレー。
 
優勝チームにはラムネが配られます。
 

 
その後は夕食の
 
カレー&ナンとサラダつくり。
 
子供たちも包丁でニンジンやジャガイモなどを
調理しますが
 
そこはビーバー隊。
 
ほとんどはママの手にゆだねられます。
 
 
 
 
 
 
 
料理の合間に
 
ドラム缶風呂
 
で汗を流します。
 
 
よほど気持ちがいいのか、
みんな長湯です。
 
 
そしてやっとナンとカレーとサラダの出来上がり。
どのチームのカレーも美味しそうです。
 
やはり野外料理はカレーに限ります。
 
 
自分のチーム以外のカレーも食べて
どのチームのカレーが美味しかったか採点し
翌日に結果を発表します。
 
夕食後は
 
キャンプファイヤー。
 
ビーバー隊隊長がキャンプファイヤーを
盛り上げますが、
 
 
今回はボーイ隊のK君もしっかりと
盛り上げてくれます。
 
キャンプ―ファイヤーが終わり
1日目の活動がやっと終わりますが、
 
朝から晩までとにかくいっぱい遊びました。
 
あとはみんなで寝袋で雑魚寝。
 
いつもよりかなり込み合っていますが
1日中遊んだ子供たちはすぐに
深い眠りにつきます。
 
 
・・・・・・そしてあっという間に朝。
 
6時起床の予定ですが
 
5時くらいからザワついています。
もう遊ぶ気マンマンです。
 
起床後、朝礼が行われ
朝食をいただきます。
 
メニューはホットドッグ、ヨーグルト、
ヤクルト、サラダ、スープ。
 
カブ隊の子供たちは本日の活動があるので
ここでお別れ。
 
久しぶりのビーバー隊の活動を
楽しんでくれたようです。
 
 
お腹いおっぱい食べた後は、
 
おまちかねの水鉄砲大会
 
トイレットペーパーでぶら下げられた菓子を
落としてみんなで分けます。

お菓子がもらえるとあってみんな必死です。
 
 
 
美味しくお菓子をいただいた後は
 
大人を水鉄砲でやっつけます。
 
そこかしこで大人がやられております。
 
 
 
 
これで本日の活動は終わり。 
 
最後のセレモニーの時にカレー対決の
採点発表がありましたが
 
結果は・・・・・
 
なんと4チームとも同点という、
何とも珍しい結果になりました。

あっという間の2日間でしたが
子供たちはこれ以上遊べないくらい
 
いっぱい遊びましたので
満足したのではないでしょうか。
 
大人は・・・・・
 
もうヘロヘロです。
 
でも楽しんでいる子供たちを見て
大人たちも元気をもらったのではないでしょうか。
 
  
 
 
次回の活動はいよいよ
 
夏キャンプ。
 
宿泊訓練も盛りだくさんの内容でしたが、
夏キャンプは3泊4日ですので、
もっと充実した内容です。
 
友達とかかわりながら4日間過ごすことで
子供は大きく成長します。

 
 
夏キャンプの参加や質問につきましては
恐れ入りますが、下記までお問い合わせください。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2014年7月6日日曜日

2014年7月 ガサガサin相模三川公園

本日のビーバー隊の活動は夏の定番
 
「ガサガサ」
 
毎年、梅雨のど真ん中
活動が行われますが不思議と天気に恵まれて、
 
今年も数日前の天気予報と異なり
快晴となりました。
 
今回のガサガサは2年前にも行ったことのある
県立相模三川公園です。
 
本日の活動は体験参加者も多く
 
総勢50名を超える大所帯
 
 
ですのでいつもより賑やかです。
 
「ガサガサとは何か。」
 
と塩野隊長がスカウトに説明しますが
 
ソワソワしてほとんど聞いておりません。
 
「早く生き物を捕まえたい。」
 
という思いがビシビシと伝わります。
 
因みに「ガサガサ」はこちらをご参照ください
 
「ガサガサ」開始というや否や、
みんなダッシュで川に向かいます。
 
 

 
 
 
ものの数分もすると、エビをはじめ
ザリガニ、水カマキリや小魚が捕れました。
 
 
 
中でも、ハゼ科の「カジカ」も4匹ほど捕れました。
 
 
 
この「カジカ」は「ゴリ」とも呼ばれ
大変おいしく料亭などでも高級魚として人気です。
 
1時間を超えたところで、楽しかった「ガサガサ」も終了です。
 
今回は大きな魚も何匹か捕獲しましたが、
残念ながら水槽から飛び跳ねて逃げてしまいました。
 
みんなで水槽の中を眺めて
どんな魚がいるかを観察します。
 
 
最後は川に逃がしますが、
 
一部のお父さんは子供の強引な説得に負けて
捕まえた生き物を家に持ち帰るようです。
 
帰宅後、奥さんに小言を言われるのは必至です。
 
お昼も近づき、ビーバー弁の時間となりましたが
 

ビーバー隊は大声で
 
「ごーはんだ。ごはんーだー。」
  
と歌を歌ってから食事の時間になります。
 
体験参加者の方達は、さぞびっくりしたことでしょう。
 
でも大丈夫。すぐに馴れますので。
 
昼食後、すぐそばにある遊具で
 
放牧タイムです。
 
 
 
ビーバー隊、そして体験参加者の子供はもちうろん
 
なぜか本日活動のなかったボーイ隊の
K君とS君が
 
 
汗だくで遊んでおります。
 
「楽しいのか。」と聞いたところ
 
恥かしそうに
 
「楽しいです。」と正直に答えておりました。
 
みんないつまででも遊びそうな気配なので
そろそろ本日の活動も終了です。
 
海老名駅から電車に乗って、新百合ヶ丘の駅で解散となりました。
 
本日お越しいただいた体験参加者の子供たちも
楽しんでくれたようで、ほっとしております。
 
体験で来られた方は、
ぜひ今後もビーバー隊で一緒に遊びましょう。
 
 
 
そして、来週の活動はいよいよ
 
7/12(土)~13(日)
宿泊訓練in黒川(1泊2日)

集合 10:00 黒川野外活動センター
解散 11:00 黒川野外活動センター 

1日目
 
流しそうめんをします。流れてくるのはそうめんとは限りません。
みかん、ゼリーにトマト。でも子供たちは大喜びです。
 
 
そして、チーム対抗のカレー対決。
どのチームが美味しいかを真剣勝負で競います。
 
 
一度は入ってみたいドラム缶風呂。
 

本物のキャンプファイヤーをご覧あれ。
 
 
寝袋でみんな仲良く雑魚寝。

   
2日目
 
絶対に盛り上がる水鉄砲対決。
 
 


毎年、子供はもちろん大人も大喜びの活動です。
日帰り参加も大歓迎

ですので、どうそお気軽にご参加ください。
 
もちろん暇カブ大歓迎。
 
今のところ5名の暇カブが泊まり込みで参加します。



体験参加やご質問につきましては
恐れ入りますが、下記までお問い合わせください。