2017年1月30日月曜日

2017年1月鎌倉ハイク(BVS)

本日の活動は鎌倉ハイク。

鎌倉の神社、寺院を巡りますが、
鎌倉は一歩裏に入ると山。

登山に近い感覚でハイクができます。

朝、新百合ヶ丘の駅に集合し
鎌倉を目指します。


途中、江ノ電に乗り換えますが
神奈川では珍しい路面電車。

子供たちが最前列にかぶりつきます。


まず最初は、長谷寺に立ち寄りますが
池のコイから離れようとしません。


見晴らしの良い高台に上ると
相模湾が見えます。





洞窟なんかもあったりして
子供達がはしゃいでおります。

「もう一回洞窟に行く。」
という子供の声を軽くスルーして
次に向かいます。



着いたのは鎌倉の大仏。


中に入ってみるとただの空洞。
でも子供たちは探検気分で
楽しそうです。


ここから登山道に入ります。
意外にハードな道ですが
子供たちはとにかく元気。

正直、大人のほうがつらく。
普段から運動をせねば。
と考えさせられます。



次に向かったのは銭洗い弁天。
お金が増えますようにと小銭を
せっせと洗います。


以前、スカウトが洗い終わった直後に

「本当に増えた」

と喜んでいましたが
残念ながら、そんなことはありません。

お昼も過ぎていたので
広場で昼食。

子供たちはさっさとおにぎりだけの
ビーバー弁を食べ終わると
そこら中に散っていきます。

何か基地を作っているようで
大人の侵入を防いでおります。



こちらではリスを捕獲するワナを
作っているようです。

これでどうやってリスを捕獲するのか
分かりませんが
とにかく一生懸命でほのぼのです。


鬼ごっこも超真剣。
ここまで結構歩いてきたつもりですが
この子たちには関係ないようです。
走り回っております。


だいぶ遊んだところで出発。
途中、池にいるカメを発見しましたが
触らずにはいられません。


嫌がるカメをイジリ回しておりますが
子供の修正なので放っておきます。

今日は一日中歩きましたが
楽しい活動でした。





次回の活動は 

2月5日(日)

「クリーン大作戦」

落ち葉を拾って芋を焼き
ついでに豚汁なんかもいただこう。
というとても素敵な活動です。

以前の活動はこちら
http://kawasaki43bvs.blogspot.jp/2016/02/20162bvs.html
http://kawasaki43bvs.blogspot.jp/2015/02/20152-bvs.html

ぜひ、ご興味のある方は
遊びに来てください。

体験参加や詳しい内容につきましては
恐れ入りますが、
下記までお問い合わせください。


〔携帯メール〕 shioshiono926226@estate.ocn.ne.jp

〔携帯電話 〕 090-2533-0290


ビーバー隊の兄姉
カブ隊の活動はこちら











2017年1月15日日曜日

2017年1月追跡ハイクinこどもの国(BVS)

本日の活動はこどもの国での

追跡ハイク

都合がいことに、この時期こどもの国
では「宝探しハイク」を企画しており
それに便乗します。

幼児向けの宝探しハイクは
昨年と同一の問題とのことなので

今年はもう一つの難しい問題に
チャレンジです。



スタートする前に「コマ回し」を
やっていましたのでスカウト全員で
チャレンジしましたが、

現代の子供はほとんどコマなど
廻したことのないので
数名を除いて撃沈です。



3チームに分かれて
ヒントが書かれた問題用紙をもとに
答えを求めてハイクの始まりですが

かなり難しい問題ですので、
スカウトは1ミリの役にも立ちませんが

ただこどもの国ですので
いたるところに遊ぶ場所があり
スカウトが退屈することはありません。



地図とヒントをもとに
各ポイントに隠された暗号を
ゲットしていきます。




昨日からの記録的な大寒波のせいで
池には氷が張っております。



足で氷を割ろうとしているスカウトが
いたので、

「絶対に割れるから止めろ!」

と言った2秒後に片足が池に
はまってズブ濡れになっておりました。



予想した通りです。

この子は夏キャンプでも池に片足落ちて
ずぶ濡れになっていましたが、

その時は、片足だけ汗をかいたと
つまらない嘘をついていました。

また、スカウトの母から電話があり
〇〇君のリュックが落ちているとのこと

その子を見てみると、
やはりリュックを背負っていません。

とりあえずチェックポイントのところに
置いておくとのことでしたので
後で取に行きましたが

こんなことばかりです。



結構な時間をかけてヒントをクリアして
最後にゴールにたどり着きました。





みんなで記念撮影をして
記念品をゲットです。




そして

放牧タイム。

遊具で遊んで昼食です。





それから遊具をしながら
途中にスカウト記念碑に立ち寄りますが
うらやましい限りのテンションです。






そしてふわふわドームで
ひとしきり飛び跳ねた後に





ソフトクリームをいただきます。

特別に寒い日なのですが
子供たちには関係ありません。

美味しそうにソフトクリームを食べます。

こんなに寒いのに。





それからほどなくして解散となりました。

こどもの国では、アスファルトに
チョークで絵を描けるようになっていますが

帰りの際、男の子のスカウトが
いくつもの色のチョークを使い
熱心に絵を描いております。

スカウトの母が

〇〇ちゃん何の絵を描いているの?

と期待を込めて聞いたところ

うんこ

・・・・・・・・

ほっこりした時間が流れました。








次回の活動は 

1月29日(日)

遊びに来てください。

体験参加や詳しい内容につきましては
恐れ入りますが、
下記までお問い合わせください。


〔携帯電話 〕 090-2533-0290


ビーバー隊の兄姉
カブ隊の活動はこちら


2017年1月5日木曜日

2017年1月スキーキャンプ(3泊4日)BVS

今回の活動は、毎年お正月の
1月2日~5日に3泊4日の
日程で開催される

スキーキャンプ

早朝、6時30分に麻生区役所に集合し
バス2台で菅平高原を目指します。




毎年お世話になっている天狗ロッジで
セレモニーを行い

早速、各級に分かれて
インストラクターにスキーのレクチャー
を受けます。


ビーバー隊は5名の参加で
そのうち3名は初心者ですので
5級受験クラスになります。

当然、初日からリフトに乗るような
ことはなく、リーダや父母が
マンツーマンでスキーを教えます。

が、なかなかうまくいきません。
今まで履いたことのない重い靴に
スキー板。

歩くのもままなりませんので
まして滑ることなどもってのほかです。






それでも3時間の練習でヨチヨチ
ながら少しは滑れるようになりました。

ビーバー隊のスキーキャンプは
ひたすら遊ぶとても楽しい活動です。

夕食後はS隊長がこの日のために用意した
数々の見たことのないゲームに挑戦です。


 



夜の9時までたっぷり遊んで就寝。




2日目

5級のクラスの子はスキーの練習を
少ししてから、念願のリフトに乗ります。

上からなだらかな林間コースを
時間をかけて下まで滑ってきますが、

一筋縄ではいきません。

数えきれないほど転んで
やっとのことで下りてきましたが
転んだ分、だいぶ上達しました。





昼食後、午後からもリフトに乗って
下まで滑ります。

回数を重ねるごとに上達し、
午前中よりは転ばなくなりました。


夜は毎年恒例の

「カラオケ大会」

隊や組、班に分かれて順位を競います。

ビーバー隊は「ドレミの歌」
練習ではみんな大きな声で立派に歌って
いましたので本番は・・・・

全然だめでした。

大勢の人を前にして緊張したようで
毎年のことながら練習では
本当に上手なのですが

本番は蚊の鳴くような声で
ボソボソ歌っていました。


でも、毎年こうなので見慣れた光景で

今年もか。という感じです。

カラオケ大会は リーダーや父母も
一緒になって盛り上げます。

今年のカブ隊のリーダー&父母の
完成度は凄いの一言です。



最後はスカウトが踊って
最大の盛り上がりを見せて
審査結果を待ちます。




ビーバー隊は毎年おなじみの

特別賞。

副賞のうまい棒をゲット。





3日目

毎朝、6時半に起床し朝礼を行いますが



とにかく寒い。

ボーイ隊とリーダーはまさかの半そで。
震えが止まりません。

こういう理不尽なことを
大人が率先して行いますので
子供も文句は言えません。


 ビーバー隊は・・・

ご安心ください。

温々です。



今日は午後にいよいよバッジテスト

午前中に練習をして午後に
試験に挑みますが、みんな上手になり、

リフトの乗り降りも
かなりスムーズにできるようになりました。



夕食の後、いよいよ結果発表。

5級の3人はめでたく合格です。


3級とジュニア1級を受験した二人は
残念ながら落ちてしまいました。

でも、とても上手になりましたので
来年に期待しましょう。

そう言えば

天狗ロッジのお食事はとても豪華。


好き嫌いのある子供も
できるだけ残さないようにと

大人からプレッシャーをかけられます。

夜は・・・・

相変わらずゲーム大会です。

S隊長の用意したゲームに
はまってなかなか止めようとしません。

 







4日目

今日は最終日。
各隊や組、班に分かれて菅平の頂上

ダボスを目指します。

ビーバー隊はカブ隊の5組について
ダボスを目指しますが、

ダボスに行くにはいくつものリフトを
乗り継がなくてはなりません。



でも心配いりません。
3日前にスキーを始めた子も
何の問題なくダボスにたどり着けました。

今日は天候が悪く気温も低いので
集合写真を撮って、さっさと下山します。




あんなによちよちしていた5級の子も
4日もスキーをすると頂上からちゃんと
下まで滑ってくることができます。


毎年、今年の子は大丈夫か。
と心配になりますが、


今までダボスに行けなかった子は
一人もいません。

4日間という日数をまとめて
スキーすることで子供たちは一気に上達します。





昼食後、閉村式を行い、
いよいよ帰路につきますが、


途中、1000円のお土産を買い、
バスの中では映画を見て帰ります。



ビーバー隊は様々な活動をしていますが
これほど、単純に遊ぶだけの活動は
ございません。


スキーキャンプが一番楽しい
活動だと思われますので
ご興味のある方は、ぜひ来年ご参加ください。




次回の活動は 

1月15日(日)

「追跡ハイクinこどもの国」

以前の活動はこちら
http://kawasaki43bvs.blogspot.jp/2016/01/20161-inbvs.html

ぜひ、ご興味のある方は
遊びに来てください。

体験参加や詳しい内容につきましては
恐れ入りますが、
下記までお問い合わせください。


〔携帯メール〕 shioshiono926226@estate.ocn.ne.jp

〔携帯電話 〕 090-2533-0290


ビーバー隊の兄姉
カブ隊の活動はこちら